日本人は、精巧で小さなものを好みます。今や日本のお家芸となっている”精巧技術”は、世界でも非常に高い評価を得ています。

部品製造においても、ミクロン単位の細かい作業を求められるケースが多い中、時間と手間暇を積重ねて仕上げていくという伝統の職人技術が今も残っています。

時間と手間暇を掛けて完成したものは見る人を魅了し、高値で取引されますが、大量生産が出来ない一点ものであることが難点でもあります。

当社では、日本の金属加工工場からの技術協力を受けている他、定期的に従業員を同工場に派遣し、研修を受けさせております。

精巧技術